ノンワイヤーブラジャーのアミリール

アミリール


お気軽にお電話でご相談ください
0282-21-7614

バストを垂れさせないために

最近、身近で妊娠・出産の友人が多く、

妊婦さんならではのバストの悩みを

聞く機会が多いこの頃です。

 

妊婦さん、妊婦さん以外でも

女性なら誰しも気になる「バストの下垂」

・「トップの位置が下がった気がする」

・「以前のように張りがなくなった」

このような悩みを抱えていませんか?

その1番の原因とも言えるのが、

「クーパー靭帯の損傷」なんです。

 

まず「クーパー靭帯」とは

バスト全体を包み込むように張り巡らされている

コラーゲンでできた繊維のことを言います。

 

バストの中でも上部に多くあり、

乳頭、脂肪や乳腺、皮膚を結び付け

重力に逆らって持ち上げる役割を持っています。

クーパー靭帯の働きのおかげで

綺麗なバストが保てているということです。

 

しかし、

このクーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると

元に戻ることができないのです。

「なんと、、」

そうなんです。戻れない繊細な子たちなんです。

 

この子たちを

「普段からどれだけケアできるか」

「どれだけダメージを与えないか」

が重要になってきます。

 

 

クーパー靭帯に負担を与えている原因には

以下のようなことが挙げられます。

 

①激しい運動

バストの揺れで断裂、損傷

 

②姿勢が良くない

良い姿勢では負担がかからない所にまで

負担がかかってしまう

 

③加齢

コラーゲンの減少により張りがなくなります。

 

 

この要因からバストを守る方法がこちら

 

❶サイズのあったブラジャーを身につける

クーパー靭帯の大敵である「揺れ」から守るには

合ったサイズを身に着ける必要があります。

サイズの大きいブラではバストを支えきれずに

クーパー靭帯はどんどん伸びてしまいます。

反対に小さいブラでは締め付けによる負担が

大きくかかってしまうのでこちらもNGです。

 

❷TPOに合わせてブラジャーを使い分ける

スポーツの時はスポーツブラを。

しっかりとホールド・着圧することが大切です。

運動強度により種類が様々ありますが

自分のスポーツを頭に置き、

そのスポーツで揺らさないように着られるのは

どれかを選んでください。

 

就寝の際にはナイトブラを。

就寝時にノーブラの方も多くいらっしゃいますが

バストケアを考えると到底おすすめはできません。

無意識の寝返りによって

前後左右に負担がかかっています。

通常のブラは「私生活」を考えて構造になっており

立っている時に下垂しにくいようにできていますが

ナイトブラは「寝ている時」に全方向に流れてしまう

バストの脂肪を留める仕様になっています。

 

そのためクーパー靭帯にかかる負担も軽減します。

1日の約4分の1は寝ている時間です。

この時間のケアも怠らずにしましょう。

 

 

❸正しい姿勢を心がける

バストの重みが増えてしまうのが「猫背」

背筋を伸ばし胸を張るように意識しましょう。

肩甲骨を後ろに動かすストレッチや

バスト周りの胸筋・筋肉の強化もおすすめです。

 

 

 

一度伸びたり、切れたりすると元に戻らない

「クーパー靭帯」

日頃のケアがとても大切なんです。

 

今からでも遅くない。

気付いた時に始めることで、

未来の自分は良い方向に向かい始めます。

何十年後の自分のためにも

今日から始めてみましょう。

何もしないところから「意識する」だけでも

大きな一歩です。

 

 

女性の身体を楽にするAMIREAL

ブラのコンシェルジュ 小林由実

No.27

 

AMIREAL公式 LINEアカウント登場!

身体を整え楽にする方法、

お得な情報を配信しています!

⇩⇩⇩

このページのトップへ戻る